FC2ブログ

しげくまにっき

漫画などのご紹介をしようと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画】デビルマンG(グリモワール)/原作:永井豪 作画:高遠るい

デビルマンG 1 (チャンピオンREDコミックス)デビルマンG 1 (チャンピオンREDコミックス)
(2012/09/20)
永井 豪、高遠 るい 他

商品詳細を見る




悪魔族に憑依されても 人の心を失うことなく
悪魔の力を持った人間として悪魔と戦う者!!
祝福してやろうじゃないか!?
ハッピーバースデイ・・・悪魔人間!!!!
(第3巻より)





かなり久々の更新となった今回は、新生デビルマンにして、別作者によるデビルマン作品としては過去最高(個人的に)の「デビルマンG(グリモワール)」をご紹介します。


作者の高遠るい氏曰く、
「『デビルマンG』が目指すのは、ヒロインを黙示録のための生贄に捧げたりしない、明るく楽しい物語である。『デビルマン』と同じ材料で全く別の味がする料理である。」(1巻作者コメントより)
とのこと。

実際に、永井豪の漫画版デビルマン(以下『原典』)にて惨い死に様を遂げたヒロイン・ミキは、本作では不動明の体に取り憑いた悪魔アモンをパートナーとして、逞しく戦いに身を投じていき、最前線で奮闘します。
訳も分からぬまま戦いに巻き込まれ、あっけなく残酷に殺されたミキの姿に心を痛め、その後の多くのデビルマン派生作品ではシレーヌにヒロイン・お色気担当の座を奪われたことに同情していたファンは、勇敢に頑張り死亡フラグを蹴散らすミキを見ることができて感慨もひとしおでしょう!私もです。


それ以外にも、僅か5巻で終了した原典ではあまり出番の無いまま死んでいき、多くの読者が「もっと見たかった」と感じていたであろうキャラクターの準レギュラー化や、アニメ版・映画版からの引用など、全体にわたり永井豪愛をひしひしと感じられる作品となっています。
シレーヌ・ジンメン・サイコジェニーなど作中で存在感を放った悪魔たちはしっかり登場し、原典リスペクトの展開の中に高遠エッセンスが加わったスピード感ある戦いが繰り広げられます。


この「高遠エッセンス」は、昭和の作品たるデビルマンを平成の世における新たな作品にする上で絶妙な働きをしています。私はその最たる例がキャラクター設定・デザインのアレンジにあると感じました。

まず、①主人公・不動明=悪魔・アモン について。
原典では、明少年にアモンが憑依した後も、メインの人格は不動明のままでした。それがゆえに、彼は人間の心を捨てられず、苦悶することになるわけです。しかし本作では、アモンの人格が完全に不動明を塗り替えており、文字通り「身も心も」悪魔と化しています。これはアニメ版に通ずるところ。

次に、②ヒロイン・ミキ について。
おそらく、彼女はもっとも「平成的」なキャラクターになったのではないでしょうか。もともと永井豪先生は「ハレンチ学園」などのお色気も大得意な方であることは周知の事実。その路線に萌え要素・厨二要素を加えた結果、本作でのミキは「自称『魔女』を名乗り魔女っ子コスプレで登校する痛い女子でありながら、友達の窮地には身を挺して戦おうとする心の強さを持ち、想い人・不動明が悪魔アモンに乗っ取られたことを知らぬまま、そのパートナーとして絆を深めていく」という属性山盛りの女の子になりました。
この「自称魔女」というアレンジはかなりのうまい設定だなあと思ったところです。原典と同じく、ミキは悪魔の世界など知らない、いわば一般市民なわけですが、オカルト好きの厨二病少女にしたことで、悪魔という概念・存在への適応の早さや戦いに参加する決意とその理由などの導入がかなりスムーズで無理のないものになったのではないかと。あと、単純にかわいい。

そして、 ③悪魔・シレーヌ について。
デビルマンG 2 (チャンピオンREDコミックス)デビルマンG 2 (チャンピオンREDコミックス)
(2013/02/20)
永井 豪

商品詳細を見る

その人気と知名度に対し、実は原典での登場話数や扱いは大して優遇されておらず、後の関連作品で追加設定が増えていったキャラクターです(高遠氏も同旨の発言を2巻で述べておられます)。
本作ではアモンと何度も交戦するも死なず、少女の姿を借りてストーリーの中核に関わってきます。なお、原典よりも青みがかったデザインについては、高遠氏曰く「体色を濃くすることで、白では出せない下品なエロさを追求しました」 とのこと。素晴らしい。

最後に、④不動明の親友・飛鳥了=サタン について。
デビルマンG 3 (チャンピオンREDコミックス)デビルマンG 3 (チャンピオンREDコミックス)
(2013/06/20)
永井 豪

商品詳細を見る

原典では、デビルマンという世界観そのものの根幹であり、原典の最終決戦の首謀者でもあったサタンは、飛鳥了として過ごすうちに不動明に対し親愛の情を覚えてしまい、それでも決別して戦う道を選んだキャラクターでした。友人としての頼もしさと格好良さ、正体の意外性とその神々しい姿、両性具有というエロティックな特性、不動明への愛と葛藤など、あまりにも多くの要素を持ちすぎていたために、彼がいるとストーリーを完全に喰ってしまうようです。(何かのインタビューで永井先生がそんなことを仰っていた気がする)
そうした理由から、高遠氏曰く、本作では飛鳥了・サタンは登場しない予定だったそうです。その結果、人間としての「飛鳥了」の姿は、ファンサービスとしてチョイ役の不良・火叢くんに受け継がれた・・・はずでした。
しかし、3巻中盤にて、飛鳥了の外見と、アモン(≒不動明)への同性愛的な執着というサタン的要素を多分に含んだ存在、艫舵ヒカルが現れ、「あれ?これサタンじゃないの?」と思わせます。ところが、これはニクスという別の悪魔でした。つまり、サタンの人間体の外見(悪魔時の外見はまったく別物)と、性格の一部を抽出したキャラクターを代打で登場させたということ・・・と思われました。
ところが遂に。艫舵ヒカル登場回が一件落着した直後の話で、サタン出てきちゃいました。しかも3巻表紙。さらに、1・2巻にはなかったキラキラ模様が印刷されてる。(予算の関係か、ラメやホログラム印刷ではなかったのが残念)
これは作者も予想外だったらしく、改めてサタンというキャラクターの存在感の強烈さを実感させられました。なお、本作におけるサタンは飛鳥了ではなく、あくまでも悪魔のうちの一人という扱いのため、不動明に対する特別な感情は一切なく、悪魔族のリーダーでもありません。それでもやはり、その見た目の華やかさや時空をも操る能力の強力さ、原典での被害者であるミキとの対決など、読者(特に原典を知っている人々)を興奮させるには十分といえます。


以上の4名以外にも、原典を読んだことがある方には是非一読して欲しい小ネタが満載の作品です。先に紹介している原典と併せてどうぞ。
スポンサーサイト

 | ホーム | 

FC2Ad

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。