FC2ブログ

しげくまにっき

漫画などのご紹介をしようと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画】スクール人魚/吉富昭仁

スクール人魚(1) (チャンピオンREDコミックス)スクール人魚(1) (チャンピオンREDコミックス)
(2013/04/19)
吉富昭仁

商品詳細を見る


私たちの学校には こんなウワサがある
夜中になると人魚が現れ・・・
その肉を食べると・・・ 恋が叶う
ウソじゃなかった・・・
人魚は・・・ 本当に現れた・・・! 
(1巻第2話より)





今回紹介するのは、やわらかそうな女の子を描くことに定評のある吉富昭仁氏の「スクール人魚」です。
タイトルだけ聞くとなんかお色気系の漫画のような響きですが、ジャンルでいえばこの作品はホラーに分類されるでしょう。
とはいえ、スクール水着の女の子が大量に登場するので、作者のフェチズム溢るる目の保養になる漫画であることもまた否定できません。スクール水着の「人魚」たちが密集する見開きは必見。


では、あらすじを見てみましょう。



とある学校には、昔からウワサがあった。
「夜になるとプールに人魚が現れる その人魚の肉を食べると 恋が叶う」

このウワサを聞きつけた少女たちは、深夜の学校に忍び込み呪文を唱える。
人魚さん 人魚さん お願いします
私の恋を叶えて下さい
私のために 血と肉を


そして現れた人魚は・・・自分達と同じ年端の少女の姿をしていた。
恋を叶えるためには、水着の胸元のゼッケンに想い人のイニシャルと同じアルファベットが記された人魚を捉え、その肉を食べる必要がある。  つまり、人魚を殺すしかない。

夜の学校内を自在に泳ぎ回る「人魚」とよばれる少女の姿をした何か。
少女達は刃物を手に、必死で人魚を追う。彼女達は、一刻も早く人魚を捕まえなければならない。
なぜなら、一度人魚を呼び出す呪文を唱えてしまった以上、その夜のうちに人魚を捕らえて肉を食べなければ、自分も人魚になってしまうから。こうして、恋を叶えられなかった少女がまた一人、学校の亡霊となってゆく。

自分の恋を叶えるために、友人を見捨て、他人を利用し、人魚を殺すことに何の躊躇も無い少女たち。
彼女たちは果たして恋を叶えるのか?それとも人魚になってしまうのか?




どうでしょうか。あらすじを読んでお分かりの通り、この作品において怖いのは人魚ではなく人間です。しかも女の子。どう見ても姿形は人間である「人魚」を本気で殺しにかかり、その肉を食らう少女の純粋な狂気がじわりと恐ろしい作品です。

この作品は「衝撃的な場面・展開を繋げることで読者を怖がらせる」タイプのホラーではなく、淡々と登場人物のエゴが露呈する様を描くタイプです。かといって起伏の無い展開にはならず、人魚を追うアクションシーンはスピード感のある展開になっており、人魚の謎が続きへの期待を高め、読者を飽きさせません。

そして何より、吉富氏の描く女の子の何と可愛らしいことか!これだけでも見る価値ありと言って過言ではありません。


ホラー=化け物に追われる、という構造を逆転させた「化け物を人間が追うホラー」、是非ご一読を。
スポンサーサイト

 | ホーム | 

FC2Ad

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。