FC2ブログ

しげくまにっき

漫画などのご紹介をしようと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画】失恋ショコラティエ/水城せとな

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2009/01/09)
水城 せとな

商品詳細を見る



サエコさん
俺は必ずショコラティエになる
何年かかってもいい 誰もが認めてくれるショコラティエになって
あなたの目にも 否応なく入るくらい有名になって
「あの時捨てるんじゃなかった」って
あなたに後悔させるんだ
それで 俺のショコラをこっそり食べたあなたが
「セ・ボン!」って 声をあげる
それが俺の夢だよ
たとえその声が 俺の耳に届くことはないとしても
(第1話より)





わたしは少女漫画をあまり持っていないのですが、これはむしろ普段少女漫画を読まない人にこそお勧めできる作品です。
恋愛を主軸にしている点では間違いなく少女漫画ド真ん中であるにもかかわらず、なんと第1話で主人公がバッサリ無惨にフられます。しかも理由が「元彼と復活したから」…つまり二股かけられてました。この物語は、マイナスから始まるのです。

この時点でお気づきかと思いますが、この漫画、主人公が男性です。しかも、前述の第1話はほぼ前日譚のようなもので、本編では26歳。登場人物たちも概ね20代以上です。そのせいか、キラキラした青春系の少女漫画よりも大分入り込みやすいかと思われます。ターゲット年齢も高いのではないでしょうか。
余談ですが、本作の単行本(2013年2月現在既刊6冊)は全て主人公・小動爽太が飾っています。まさかの男率100%。



では、あらすじをご紹介します。


主人公・小動爽太(こゆるぎ そうた)は、高校1年の時にひとつ年上のサエコさんに一目惚れ。サエコさんの彼氏に取り入ったり、同じ手芸部に入ったりと地道に接点を持ち続けた結果、高校を卒業して製菓学校へと進学した爽太は、遂にサエコさんと恋人同士に。2人で過ごす初のバレンタインデー、腕によりを掛けて手作りの逆チョコを作った爽太。しかし、バレンタインデーの前日、チョコを渡そうとしたところ
「ごめん・・・・・・受け取れない だってこれ めちゃめちゃ本気チョコだもん・・・・・・・・・ ごめんなさい 付き合ってる人がいるの」
まさかの二股暴露、そして撃沈。

失意の爽太だが、4年間も思い続けたサエコさんを今更諦められない。
そして   パリへと飛んだ。持ち物はとりあえずの旅支度と、なけなしのお金と、フランスのガイドブックと電子辞書、そして空港で買った「週刊少年マンデー」だけ。
この「少年マンデー」が奇妙な縁を呼び、本場パリのショコラティエ「ラトゥリエ・ド・ボヌール」で修業ができることに。

そして5年後。
テレビを見ながら朝の身支度をするサエコさんの目に飛び込んできたのは、「ラトゥリエ・ド・ボヌール」日本第1号店のショコラティエとしてインタビューを受ける爽太の姿であった・・・

チョコレートの香りに包まれると 否応なく彼女のことが頭に浮かぶ
俺も煩悩の塊みたいな男子の一人だから 全身邪な野望で満ち満ちてるよ
神経を研ぎ澄ませて ありったけの情熱を注いだ 俺の分身みたいなショコラを
彼女の口に含ませたい
彼女の体の中に注ぎ込みたい
彼女の細胞のひとつひとつにまで染み込ませたい
そんな淫らな野心が 俺をこんなところにまで 連れてきたんだ
どうしようもないね
(第1話より)


ここからショコラティエ・爽太の恋と執着の物語が始まる。
全てはサエコさんの大好きなショコラを作るため。サエコさんが、自分の作ったショコラを食べる、それだけのために。




さて、あらすじは以上です。とにかく主人公・爽太はサエコさんが創作意欲の原動力になっています。彼の作るショコラは見た目も中身も素晴らしい出来、多くのお客さんから愛されますが、本当はサエコさんのために作られたものなのです。重い!重いよ爽太!

しかし、爽太も伊達に一度フられていません。サエコさんに尻尾を振って尽くすだけでは、男のツボを心得た可愛い仕草で期待を持たされ、またあっさり捨てられることなど百も承知。
そこで、爽太は「悪い男」になります。内心どんなにメロメロでも、あえて突き放す。他の女がいるかのような素振りをみせてみる。巧みな恋の駆け引きが展開されているようで、爽太の内心は「サエコさんかわいい」「これで合ってるのかな」と振り回されまくっています。かと思えば、サエコさんも、明らかに大人になった爽太に振り回されているかのような・・・?

こうして概観してみると、あたかもサエコさんが男を振り回す悪女であるかのようにお思いかもしれませんが、実はそうでもありません。自分の魅力の見せ方を心得ており、男が求める女性像を知り尽くしているからこそ成せる業。彼女自身は、それが計算だとしても、美人すぎず普通っぽい、自分に素直で可愛らしい女性です。とはいっても、別に狙ってない男に対してもぶりっこ光線は出しまくります。流石。
爽太はといえば、自分の心を揺さぶるサエコさんの愛らしい一挙手一投足が計算されたものであることを知りつつ、「そんなところが可愛い」と認めています。爽太曰く、サエコさんは「時にはいい妖精で 時には悪い妖精」とのこと。


このような爽太とサエコの関係に、パリでの修行時代からの友人にして老舗ショコラティエの御曹司・オリヴィエ、爽太の経営するショコラティエの従業員・薫子さん、爽太の妹・まつり、ショコラティエとしてのライバルであり見た目ダンディなオネエ・リクドーさん(この人がかなりいい味を出している)、リクドーさんのショコラティエの寡黙な従業員・関谷、リクドーさんの誕生パーティーで知り合った健気なモデル・えれな 等の登場人物が絡んできます。
どの人物も人間味のある一面を持っており、完璧超人など一人もいません。だからこそお互いの思惑がうまく噛み合わず、読者はもどかしい思いを味わうことになるのです。これほど単行本の続きが待ち遠しい漫画はなかなか無いといっても過言ではないでしょう。

ちなみに、作者の水城氏は大のチョコレート好きとのことで、作中に登場するチョコレートも非常に美味しそうなものばかりです。個人的に、最近はショコラティエ巡りにハマッているため、一層面白く感じます。
読んで美味しい、そして苦いこの漫画、是非手にとってみては。
スポンサーサイト

【漫画】アクメツ/脚本:田畑由秋 作画:余湖裕輝

アクメツ 1 (少年チャンピオン・コミックス)アクメツ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2003/02/06)
田畑 由秋

商品詳細を見る




日本の悪を皆殺し!!!
経済不況、役人天国、天下り・・・・・・こんな日本に誰がした!!
他のヤツらがやらないならば 日本にはびこる悪党どもを 1人残らず皆殺しだ
史上最悪のヒーロー、アクメツが
日本の悪を殺って殺って殺りまくる!!!
(1巻単行本裏表紙より)



長年にわたり、コンビで多くの傑作を世に送り出している田畑由秋/余湖裕輝両氏の作品です。上記の紹介文からもお分かりの通り、「よくコレが少年チャンピオンに載せられたな!?」というくらいに異端な作品です。だからといって、ストーリーの辻褄が合わなかったり荒唐無稽だったりするわけではないのが本作の凄いところ。
デビルマンと同じく、好きな漫画を挙げろと言われたら五指に入る作品です。そもそも5つに絞るのがものすごく難しいですが。正直に言って、この作品のレビューをしたいがためにブログを始めたようなものです。

レビューが長くなりましたので格納します。追記からご覧下さいね。

続きを読む »

【漫画】忍びの国/原作:和田竜 作画:坂ノ睦

忍びの国 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)忍びの国 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/12/12)
和田 竜

商品詳細を見る



俺はようやく確信した!
伊賀の者どもは人の心をもたぬということを・・・!!
古来続く裏切り稼業が、伊賀者から人の心を抜き去ってしまった。
もはや・・・伊賀の者どもは人ではない――――
(第10話より)


映画化された「のぼうの城」が有名な和田竜氏の同名小説のコミカライズが本作品です。上の画像からもお分かりの通り、全編にわたり毛筆で描いたような(というか実際にそうなのでしょうか?)タッチが特徴的で、戦乱の世の人々を描くのにぴったりな味のある画風です。しかも本作が初の単行本だそうで、坂ノ氏を抜擢した方はすごい。



伊賀の国は忍びの国。人を人とも思わず、裏切りと策謀の限りを尽くし、常に金儲けのためだけに戦いに身を投じ敵を殺す、人外の術を身につけた伊賀者たちは、他国からも恐れられる存在であった。中でも最強の忍びと謳われ、「あの者の前に門は無し」と称される程の超人的な身体能力を有する忍び・無門は、攫ってきた美女・お国の尻に敷かれまくり、稼ぎの少なさを叱咤される毎日を送っていた。
ある日、伊賀者同士の戦争の最中、無門は「敵方の次男・次郎兵衛を殺せば百文の報酬を出す」との上司の提案に乗り、次郎兵衛を容易く殺害する。しかし、そのことが次郎兵衛の兄・平兵衛の恨みを買うこととなる。人殺しに何の呵責も覚えず、肉親の情すら捨てた忍びの生き方に憤りを覚えた平兵衛は伊賀に見切りをつけ、去っていくのであった。

その頃、日本中に勢力を伸ばしていた織田家は、信長の息子・信雄が伊勢を攻め、伊勢の旧家臣団を配下に置くことに成功していたが、その主戦力である天下一の武士・日置大膳は、自分の旧主を討たせた信雄を新しい主と認めようとしない。そんな折、伊賀から出奔してきた平兵衛が信雄のもとに現れ、伊賀攻めを進言する。父・信長からは「伊賀には手を出すな」と禁じられていた信雄であったが、反抗的な大膳の態度や自分を認めてくれない父に対するコンプレックスが爆発し、伊賀攻めを強行することを決める。しかしその決断は、伊賀の滅亡を悲願する信雄の部下にして元伊賀者である柘植三郎左衛門や、戦での金儲けを企む伊賀者たちの思う壺であった。
権謀術数が渦巻く中、伊賀と伊勢の、忍びと武者の、そして無門と平兵衛の決着が近づく。


以上のあらすじから分かる通り、大筋は「伊賀(忍び)vs.伊勢(織田家の武士団)」の構造となります。その中で、策を弄して暗躍する伊賀者たちや、伊賀に恨みをもつ元伊賀者たちの陰謀合戦が展開され、読者は最後までどちらが勝つのか分からないほどに戦局が二転三転します。土の中や木の上から音もなく襲い来る忍びたちと、武力で蹴散らす武士たちという対照的な二者の激闘が迫力ある筆致で描かれている点が本作の魅力といえるでしょう。

この作品は、勿論時代物として読んでも面白いのですが、その本質は極めて少年漫画的であるように思います。初めに引用したように、この作品では「人ではない」者と「人であろうとした」者がくっきり二分されています。
前者はもちろん伊賀者たちであり、彼らの行動原理は「金儲けをするためなら何でもする」で一貫しています。精神的に成長することもなければ、迷うこともなく、ただただ目的のためには手段を選ばず進みます。一方、後者は武士たち、そして忍びの在り方に耐えられなかった柘植や平兵衛です。彼らは忠義や家族愛や友情のために迷い、騙され、戦いの中に身を投じ、そして成長していくのです。そのプロセスはまさに少年漫画のそれであって、青年誌でも十分に通用しそうな本作が「ゲッサン(=月刊少年サンデー)」に掲載されていたことも頷けます。無論、主人公・無門も例外ではありません。最強の忍びとして名を馳せていた無門が、お国との出会い、そしてこの戦いの中でどう変わっていくのか。彼は忍びなのか、人間なのか。

全4巻という短い物語ながら、合戦物語としても人間ドラマとしても非常に濃密な秀作です。劇画調過ぎない絵柄のため、老若男女問わずお勧めの作品。ぜひ一度手に取ってみては如何でしょうか?
ちなみに、個人的には、①お国ちゃんの可愛さ(野郎ばかりの本編での貴重な清涼剤) ②初登場時には父の七光りのワガママ息子であった信雄の人間性の成長っぷり(コイツはまさに少年漫画の主人公になれそう) ③日置大膳の異常な格好良さ(もはや主人公より大ゴマとか見開き使ってるんじゃないかレベル)も推したいところです。

 | ホーム | 

FC2Ad

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。