FC2ブログ

しげくまにっき

漫画などのご紹介をしようと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画】トラウマイスタ/中山敦支

※この記事には本編展開の重大なネタバレ要素がありますので、未読の方はご注意下さい。



トラウマイスタ 1 (1) (少年サンデーコミックス)トラウマイスタ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
(2008/11/18)
中山 敦支

商品詳細を見る



トラウマは、逃げるためにあるのじゃなく、乗り越えるためにある。
乗り越えるための力こそ、勇気なのよ。
(第1話より)

穢れ無き少年少女の友情、実に美しき作品だ。
君はやはり人を魅了し夢中にさせる魂の持ち主だ。
おお、神よ。許し賜え。美しきものを破壊する行為を。
愚劣なる神よ。糞っ垂れの神よ。
バカで、マヌケで、ああ・・・クソアァーメン!!!!!
(第43話より)




現在ヤングジャンプで戦う漢女の漫画「ねじまきカギュー」を連載中の中山敦支氏が少年サンデーで連載していた作品です。
基本的には可愛らしいちょっとデフォルメチックな画風ですが、中山氏の最大の特徴は、心理描写における狂気的な演出でしょう。捻じ曲がり、崩壊し、ヒトの心情の根底の根底に眠る原初的な何かが溢れ出るような迫力を感じさせる筆致はデビュー当時から読者を圧倒します。
少年誌での連載に「トラウマ」という題材を起用したことからも、なんとなく氏の傾向が窺い知れる気もします。

さて、本作は全5巻で完結しており、1~3巻と4~5巻であまりにも方向性と話の重さが違うことで有名(?)な作品です。方向性の違い、と書きましたが、各巻の表紙を見れば歴然。上掲の1巻と、下に紹介する2~3巻は明るめの色合いにいかにも少年漫画といった体の表紙になっています。(1巻はちょっと恐いですが。)
▼2巻
トラウマイスタ 2 (少年サンデーコミックス)トラウマイスタ 2 (少年サンデーコミックス)
(2009/01/16)
中山 敦支

商品詳細を見る

▼3巻
トラウマイスタ 3 (少年サンデーコミックス)トラウマイスタ 3 (少年サンデーコミックス)
(2009/04/17)
中山 敦支

商品詳細を見る


ところが、4~5巻の表紙になると、もう明らかに雰囲気が違います。4巻は幼女の足の間から登場する変態、5巻は狂気を孕んだ主人公のドアップが強烈な色合いで描かれています。
▼4巻
トラウマイスタ 4 (少年サンデーコミックス)トラウマイスタ 4 (少年サンデーコミックス)
(2009/07/17)
中山 敦支

商品詳細を見る

▼5巻
トラウマイスタ 5 (少年サンデーコミックス)トラウマイスタ 5 (少年サンデーコミックス)
(2009/08/18)
中山 敦支

商品詳細を見る


では、何故このような劇的な変化があったのか?あらすじをご紹介します。



※本編の重大なネタバレを読んでも大丈夫な方は、「続きをよむ」からどうぞ。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム | 

FC2Ad

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。